テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

メッツァの夏至祭 2023 北欧の伝統的な夏祭りを体験

2023年6月2日 あとなび

メッツァビレッジは、北欧の伝統的な夏祭りである夏至祭をモチーフにした「メッツァの夏至祭 2023」を、2023年6月10日(土)~6月25日(日)の期間、開催します。

スウェーデンとフィンランドの伝統文化をいっぺんに体験

北欧の伝統的な夏祭りである夏至祭をモチーフに、スウェーデンとフィンランドの伝統文化をいっぺんに体験できる「メッツァの夏至祭 2023」を開催。

夏の期間が短い北欧では、クリスマスと同じくらい重要なイベントが、1年で最も日照時間の長い日・夏至をお祝いする「夏至祭」です。メッツァビレッジでは、6月初旬を皮切りに北欧の夏の風物詩となるさまざまな催しをメッツァ流にアレンジして、夏至までのカウントダウンを行います。

ピークを迎える夏至当日の6月24日(土)にはすべてのイベントが勢ぞろい。スウェーデン出身タレント・映画コメンテーターLiLiCoさんも、パーティーアンバサダーとしてメッツァに遊びにきます。

あわせて、北欧にまつわるこだわりの良いモノだけを集めた屋外マーケットも同時開催。スウェーデンとフィンランドの夏至をいっぺんに体験できる北欧の伝統文化を詰め込んだいいとこどりの週末です。

関連記事

スウェーデン式ザリガニパーティー

LiLiCoさんプロデュースによる、スウェーデンの人々の夏の楽しみである「ザリガニパーティー」を本格的に体験。本場のパーティーさながらの、ザリガニのイラストが描かれた紙エプロンやとんがり帽子を身につけ、お祭りやパーティでよく歌われる「ヘランゴー(Helan Går)」という乾杯ソングをみんなで歌い、「スコール!(乾杯)」の掛け声とともにショットグラスに入った蒸留酒を飲み干しましょう。

メッツァ式での乾杯は、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション 2020(IWSC2020)で、金賞を獲得したフィンランドの蒸留所、「テーレンペ リ蒸留所」の魚料理にぴったりのシングル・モルト「SAVU(サヴ)」を提供します。

夏至当日の6月24日(土)は、LiLiCo さんと一緒にパーティーを楽しむ特別回も開催します。

ミッドサマー・ザリガニスペシャルコース ※2人前
<アペタイザー>スモーブロー風バケット2種(生ハムクリームチーズ、ザリガニのディル和え)
<乾杯>テーレンペリ蒸留所「SAVU」、ノンアルコールはりんごジュース
<サイド>ノルディックプレート(ニシン3種盛り(トマト、ディルオニオン、マスタード)、じゃがいも、トマトスープ
<メイン>国産ザリガニ(おひとり様6匹)
<デザート>バニラアイス(ザリガニクッキー付)
<ドリンク>飲み放題メニュー
アルコール:ハイボール、ジンジャーハイボール、コークハイボール、レモンサワー、ウーロンハイ、梅酒、赤ワイン、白ワイン
ノンアルコール:ウーロン茶、オレンジジュース、ジンジャーエール、コーラ
開催日:2023年6月10日(土)、17日(土)、24日(土)
時間:①11:00~②14:00~(各回所要時間約90分)※雨天決行
場所:ライトゥリ(カヌー乗り場デッキ付近)※雨天時はウーテピルスで実施
参加費:
①6/10&17(11:00~、14:00)、6/24(11:00~)2名1組9,000円
②6/24(14:00~)2名1組13,000円
予約:要事前予約。15組30名(申込先着順)
広告

LiLiCoコメント

夏至祭!北欧の人にとってはお祭り騒ぎ!今回は日本で最も北欧っぽいメッツァでみんなと森と湖に囲まれてザリガニで盛り上がれるなんて….間違いなく今年一のハイライトになります!せっかくならちょっと夏らしくドレスアップすると更にHAPPYが増すかも。

日本では珍しいザリガニグッズで食べて、歌って、喋って、乾杯しよう!そしてその後も幻想的な時間とダンスが待っています。わたしと一緒に夏の到来をお祝いしましょう!スコール❤

シングルモルトウィスキー「LAHJA」購入確約

ザリガニパーティーに参加すると、世界で198本のみ生産、テーレンペリ蒸留所の日本限定販売のプライベートカスク(日本限定)・シングルモルトウィスキー「LAHJA」の購入確約の特別先行予約受付を実施します。

「LAHJA」(ラハヤ)とは、フィンランド語で、大切な誰かに贈る「贈物」を意味します。フィンランドから日本へ、テーレンペリが心を込めて贈るプライベートコレクションの第一弾。メッツァビレッジのモチーフとなる「森と湖の国」と呼ばれるフィンランドの夏の白夜へ誘い込むようなアートエディションラベルに、アイラ・カスクで9年熟成させたピーティータイプのウィスキーを58.5%の度数でボトリング。ソルティーなピートニュアンスに、バニラのノートが淡く香る、爽やかな味わいが印象的です。

広告

フィンランドの夏至のかがり火「コッコ」

夏至の週末は、フィンランドの人々の多くは、家族で郊外のサマーコテージに行き、コッコと呼ばれるかがり火が焚かれる場所に集まります。メッツァでは、地元・飯能の木材「西川材」の間伐材を使用してコッコを実施。燃え盛るかがり火とともに、湖畔で夏の訪れをお祝いしましょう。

コッコ
開催日:2023年6月10日(土)、6月17日(土)、6月24日(土)※雨天/強風中止
時間:17:00~(30分程度)
場所:ノルディックスクエア
参加費:無料

湖畔の北欧マーケット

夏の北欧現地の雰囲気と、一期一会の出会いを楽しめる屋外マーケット。北欧有名ブランドから雑貨、工芸、ヴィンテージ、フード、 自然・環境に配慮した素材を使ったモノが大集合します。

湖畔の北欧マーケット
開催日:2023年6月24日(土)、25日(日)※雨天中止
時間:10:00~16:00
場所:メッツァアウキオ、ノルディックスクエア
広告

北欧ヴィンテージ(koloni)

浦安にて、北欧の古いものと小さなカフェを営む。日々に寄り添うシンプルなアイテムを取り扱う。当日のラインナップは、ARABIAやNuutajärviのヴィンテージの他、アウトドアでも使えるグッズをセレクト。

フィンランドアパレル(ICEPEAK)

あらゆる環境に対応するテクニカルウェアからシューズまで幅広く取り揃え、メンズ・レディース・キッズと家族全員がアウトドアを楽しめることをコンセプトにしたフィンランドのブランド。週末のおでかけから長期の冒険まで、ICEPEAKがあなたをサポート。

広告

エストニア雑貨(Lemmik)

エストニアを中心にサステナブルなデザイン商品を直接輸入しているオンラインショップ。エストニアの、シンプルでおしゃれな中にも自然にインスパイアされたどこかほっこりするデザインを紹介。北欧で多くの人が身につけているリフレクターやエストニアの雑貨屋で人気のPILLEZOOのフクロウやアザラシのアイテムがおすすめ。Lemmikとはエストニア語で「お気に入り」という意味。みなさまのお気に入りが見つかりますように。

日本×フィンランドデザイン雑貨(Cocoyori)

日本の伝統工芸とフィンランドのモダン・デザインとの融合が寛ぎの時間を豊かに演出するブランド“WAFIN”。フィンランドで感じた光の温かさやキャンドルが身近にある心地よさを「和ろうそく」を通じて紹介。和ろうそくの光は、忙しい日々の暮らしに驚くほどの心の安らぎに。

広告

フィンランド産テラモス(コケ)ワークショップ

テラモスは環境に特化し、水やりや肥料・日照などのメンテナンスが不要で長寿命。おうちのインテリアにいかが?

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

ボーネルンド初のキャラクターコラボの屋内あそび場 ムーミンバレーパークにオープン

北欧テーマの新フォトウェディング メッツァビレッジに登場

「アナ雪」アトラクションやキャラクターダイニングも ディズニーランド・パリ新エリア進捗を公開

最新記事

ミュージカル「カム フロム アウェイ」稽古場を公開

2024/02/24

ピューロランドにテロ予告 2/24を臨時休館

2024/02/24

グランドニッコー舞浜「ストロベリースイーツプレート&パフェセット」

2024/02/24

リサガスタウン 10周年フィナーレ「花×紡ぐ」テーマの華やかな街に

2024/02/23

ピューロランドに更衣室「DRESSING ROOM」がオープン

2024/02/23