永年パスポートや動物命名権を進呈 神戸どうぶつ王国がクラファン開始

2020年10月15日 あとなび

神戸どうぶつ王国がクラウドファウンディング「花と動物と人との懸け橋プロジェクト」をスタート。

3,000万円を目標に、2020年12月11日(金)まで募集されています。

昨年比60%収入減でクラファン実施へ

神戸どうぶつ王国では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、昨年対比マイナス60%にも及ぶ集客減・収入減に。

動物たちの福祉向上や希少動物の保全、環境保全、環境教育などの取り組みの継続が厳しくなり、活動を継続的に行うためにクラウドファウンディングを始めるとしています。

期間は2020年10月12日(月)〜12月11日(金)の60日間。

目標は3,000万円。

集まった資金は「コビトカバの新展示場設置(1,000万円)」「ハシビロコウ繁殖展示施設の設置(1,500万円)」「国内希少動物の域外保全事業(500万円)」に使われます。

1万円から50万円までリターンは15種類

コースは、リターン不要コース、グッズで応援コース、体験で応援コースがあり、全部で15種類のリターンがあります。

リターンありは1万円からで、お礼メール、招待券2枚、オリジナルステッカー、 オリジナルマスク1枚がもらえます。

「バードトレーニングセミナー」「植物体験ツアー」などクラウドファンディング限定のツアーに参加できるコースも用意。

30万円のコースでは、招待券8枚、年間パスポート2枚などに加え、動物の命名権がもらえます。

最高額は50万円のスペシャルコース。

招待券10枚やぬいぐるみ、植物など多くの特典がセットになり、さらに永年パスポートが2枚もらえます。

クラウドファウンディングはREADYFORで実施されています。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-,