テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

ディズニー、テーマパークとクルーズに10年で約9兆円を投資へ

2023年9月20日 あとなび

D23 Expo 2022に登壇したジョシュ・ダマロ氏

ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーは、世界のディズニーパークとディズニー・クルーズラインに、今後10年間で600億ドル(約8,860億円)を投資すると、2023年9月19日、発表しました。

パーク部門に10年で600億ドルを投資

ディズニーのボブ・アイガーCEOは、同社のパーク・エクスペリエンス&プロダクツ部門に対して、従来の約2倍である10年間で600億ドルの投資を行うと、投資家に向けて公表しました。

ディズニープラスへの投資で収益が低下する中、テーマパークが順調な利益をもたらしていることから、投資効率の高い分野に資金を投入するとしています。

関連記事

『ブラックパンサー』や『リメンバー・ミー』をエリア化する可能性

Destination D23にて構想段階として公開された『ミラベルと魔法だらけの家』「インディ・ジョーンズ」エリアのイメージアート

ディズニーパークでは、アメリカの2パークでオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」やアメリカとパリの「アベンジャーズ・キャンパス」など、ディズニー映画を用いた新エリア展開が好調だと指摘。

世界では、香港・東京・パリで『アナと雪の女王』エリアがオープン予定だとし、ディズニー社の直接投資の対象ではない東京ディズニーリゾートにも触れました。

さらにテーマパーク部門トップのジョシュ・ダマロは、『アナと雪の女王』について、ディズニーランド・リゾートで展開する可能性を示唆。『ブラックパンサー』や『リメンバー・ミー』をパークで展開する可能性に言及しました。

広告

クルーズも展開

ディズニーが投資拡大を発表したパーク部門には、ディズニー・クルーズラインも含まれています。

クルーズラインはパークを持たない地域にも展開でき、今後はオーストラリアやシンガポールにも就航が予定されています。ディズニー映画を観ていてもパークを訪れていないファンが7億人いるとし、パークやクルーズで潜在層を掘り起こす戦略です。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

EPCOT新ショーは「ルミナス」 『ズートピア』新アトラクションなどDestination D23新情報を発表

上海ディズニーランド『ズートピア』新アトラクションは「ズートピア:ホット・パースート」

日本初のディズニーランド 1957年の貴重な資料を日本橋三越で特別展示

最新記事

夏祭りの屋台メニューをスイーツで表現 舞浜ヒルトン「ボンダンス」デザートビュッフェ

2024/06/24

ファンタジースプリングスも登場 東京ディズニーリゾートMAP総柄のアロハシャツ

2024/06/24

シャインマスカット&桃のサマースイーツ TDRグランドニッコーで提供

2024/06/24

キティの新バースデーショー「nakayoku birthday『ハローキティと join hands』」ハーモニーランドでスタート

2024/06/24

ハウステンボス「ミッフィールーム」アメニティに“絵本風ルームキー”初登場

2024/06/23