テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

新大阪〜USJ駅を直通 2025年に臨時列車を設定へ

2022年11月19日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの最寄駅ユニバーサルシティ駅が通るJR桜島線(ゆめ咲線)に、新大阪駅からの直通臨時列車が、2025年に設定されます。

万博アクセス主要ルート上に

2025年大阪・関西万博では、会場の夢洲へのアクセスルートとして、大阪メトロ・中央線とJR桜島線・シャトルバスが位置付けられました。後者はJR桜島線の終点、桜島駅からシャトルバスに乗り継ぐ方式で、万博想定来場者2,820万人のうち200万人ほどが利用する想定です。

桜島駅の隣駅はユニバーサル・スタジオ・ジャパン最寄りのユニバーサルシティ駅。桜島駅の駅前にはオフィシャルホテルのリーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンもあり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンから徒歩でアクセスも可能です。

JR桜島線が万博アクセスの主要ルートに設定されたことで、万博期間の路線強化が行われ、結果的にユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアクセスも向上します。

関連記事

新幹線からのアクセス向上

万博期間は、新大阪駅から、東海道線支線・うめきた大阪駅、大阪環状線・西九条駅を経由して、桜島線・桜島駅に直通する臨時列車を設定する予定が発表されました。新幹線の停車駅である新大阪駅からのアクセスが向上します。これまで新大阪駅からは、大阪駅の乗り換えが必要でしたが、直通列車が臨時設定されます。

さらに、万博期間中は桜島線の列車も増発。これまで1時間片道9本でしたが、最大12本運行されます。現行通りの大阪駅・西九条駅での2回乗り換えの際も乗り換えの待ち時間が短くなります。

広告

西九条駅にホーム柵を導入

利用者増に向け、大阪環状線と桜島線の乗り換え駅である西九条駅では、全ての乗り場にホーム柵を整備します。ホーム柵は万博期間後も続く恒久的な設備になるようです。

また、桜島駅では万博開催期間限定で駅改良を実施。期間限定で改札を増設します。

桜島線をカーボンニュートラル化

JR桜島線は、2022年下期から「カーボンニュートラル線区」と位置付けられます。JR西日本で初めて、再生可能エネルギー由来の電力を活用して運行。

JRゆめ咲線の列車と駅で使用する電力に相当するCO2排出を実質ゼロ(カーボンニュートラル)とします。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

USJ、75名の特別ショー 大阪・関西万博1000日前スペシャルパフォーマンス公演

スーパー・ニンテンドー・ワールド新ラッピング車両がJRゆめ咲線、大阪環状線で運行開始

USJエリア最大規模のホテル「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が誕生 バラエティ豊かな客室&天然温泉を完備

最新記事

アナ・エルサ・ラプンツェル・ティンカーベルが登場「ファンタジースプリングス」カチューシャ

2024/05/20

東京ドームシティに「アニタッチ」都内最大のふれあい動物園が7月オープン

2024/05/20

ラグナシア3つのプールがバージョンアップ ナイトプールも開催

2024/05/19

アナ雪エリアを走る3kmランが世界初登場「香港ディズニーランド10Kウィークエンド2024」開催

2024/05/19

風間俊介がファンタジースプリングスをガイド ZIP!で5/20・27に放送

2024/05/19