貝社員コラボも うみがたり「海の謎解き大作戦」開催

2022年10月2日 あとなび

上越市立水族博物館うみがたりは、生きものの不思議と新しい発見をテーマにした秋施策「秋のふしぎなうみがたり」を、2022年9月10日(土)〜11月20日(日)の期間、開催します。

特別展「世にも不思議なうみがたり~水の中の~」

ヒシガニ

水中に生息する生きものの形態に焦点を当て、生物多様性を考える特別展を開催します。円盤状の体に足のようなヒレを持つ「アカグツ」や、甲羅の大きさに比べてハサミ脚が異常に大きい「ヒシガニ」など13体の生体展示を行います。そのほか、エイリアンを思わせる顔をした「ワラスボ」や「サーカスティックフリンジヘッド」などをパネルで紹介します。

なぜ生きものたちがそのような姿に進化していったのかはまだ分かっていないことが多く、謎だらけ。生存戦略のためにさまざまに進化を遂げていった生きものたちのダイバーシティの深さを知ることができます。

関連記事

オリジナル缶バッジ販売

紹介している生きもののうち、生態展示3種、パネル展示3種が缶バッジ(200円)になりました。デザインは生きものの特徴が入った完全オリジナルです。

貝社員とアッサリ挑戦!海の謎解き大作戦

 

人気のゆるキャラ「貝社員」を起用した謎解きとサステナビリティアクションを融合させたイベント。謎解きゲームを活用した海洋教育やSDGsの普及・啓発活動を行う“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環の事業で、今話題の「謎解き」をフックに海洋問題について楽しく遊んで学べるプログラムです。

謎解きキット(冊子)を手に、『うみがたり』館内で謎解きにチャレンジしていただく中で、「海の問題を自分ごと化」し、「最終ミッション」に設定してある、身近でできる海の保全活動「ビーチクリーン活動」までを体験できます。これらのプログラムを通して、海洋問題への理解・関心を深める機会を創出します。

広告

ストーリー

ユニークな個性が人気の「貝社員」たちは、ある日水族館で開催されている謎解きイベントに参加する。“海の未来を守る”ためのたくさんのミッションが用意されたこの謎解きイベントで、すべての謎を解き明かし、みごと海の救世主となることはできるだろうか!?

ストーリーを確認後、ミッションが書かれた「オリジナル謎解きキット」を片手に館内を巡りながら、館内各所にちりばめられたヒントを手がかりに謎を解き、専用サイトで回答します。すべての謎を解き明かした方にはオリジナルステッカーをプレゼントします。

最終ミッション ビーチクリーン活動へ行こう

本イベントのゴールは、謎解きを通して海洋問題に興味を持ち、アクションにまでげることです。最終ミッションである「ビーチクリーン活動」を9月18日(日)、10月2日(日)、30日(日)に設定しました。

船見公園で環境レクチャーを実施したのち、ビーチクリーン活動に参加します。参加者にはミッションコンプリートとして豪華版オリジナルステッカーをプレゼントします。

© 2022 TOHO CINEMAS LTD./DLE
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-,