富士急ハイランド「富士山アミューズメントシティ化」プロジェクトで駐車場を90分無料化

2022年7月11日 あとなび

富士急ハイランドは、「富士山アミューズメントシティ化」第2弾として、駐車場無料化などの施策を行います。

駐車場90分無料

富士急ハイランドは、「富士山アミューズメントシティ化」を目指して2018年夏に入園料を無料化しました。以来、アトラクションはもちろん、ランチだけ、ショッピングだけ、イベントだけ短時間で利用される機会が増えました。

これを受け、2022年7月16日(土)から駐車料金も90分まで無料になります。

90分以降は普通車 通常期1,500円/日、多客期2,000円/日。また、コンサート開催日は除外となります。

関連記事

園内の中央に多目的広場がオープン

遊園地の真ん中に位置するフードスタジアム前のエリア(ラグーンリンク跡地)に、約5,800㎡の多目的広場が登場します。この広場には、今後飲食フェアやダンスイベント、フリーマーケットなどさまざまな催事を開催するイベントスペースのほか、富士山を望む小高い丘に座ってくつろげる人工芝の憩いのスペースなどがあり、思い思いの形で過ごせるスペースとなります。

プレミアム・アウトレットのサテライト店舗が期間限定出店

イベント広場に、御殿場でお馴染み「プレミアム・アウトレット」のショールーム型ストア「プレミアム・アウトレット サテライト」が、2022年7月23日(土)~9月25日(日)期間限定で出店します。

トレーラーハウス4台で出店するサテライト店舗で、オンラインと実店舗を融合した新しいお買い物体験を提供します。

広告

新店舗・新アトラクションがオープン

本格りんご飴専門店

毎月その時期に会うブランド林檎を全国から取り寄せ選別して作る本格りんご飴専門店「代官山Candyapple」が8月1日(月)にオープンします。

季節や産地によって全く異なる旬の林檎の旨味を最大限に引き出すため、飴作りの工程にもこだわりがあります。林檎と飴の食感に一体感が生まれるようにパリパリに仕上げ、飴は口の中で一瞬で溶け混ざり合うよう薄くコーティングしています。甘みの中に感じる林檎本来の酸味と口いっぱいに広がる香りを楽しめる、山梨初出店の店舗です。

広告

FUJIYAMAスライダー

地上55mの「FUJIYAMAタワー」の展望デッキから地上まで、タワーを周回する全長120mのコースを一気に滑り降りる日本最長のチューブ型スライダーが7月22日(金)に開業します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事