ジブリパーク、開園3ヶ月前の写真を公開

2022年8月2日 あとなび

青春の丘の「エレベーター塔」

ジブリパークは、建設中の各エリアの最新写真とチケット販売告知映像を、開園3ヶ月前を迎えた2022年8月1日(月)に公開しました。

開園3ヶ月前の模様

どんどこ森の「どんどこ堂」

ジブリパークは、2022年11月1日(火)に愛・地球博記念公園に開園します。開園まで残り3ヶ月となり、最新の写真が公開されました。

11月1日(火)にオープンするのは、「ジブリの大倉庫」、「青春の丘」、「どんどこ森」の3エリアです。

関連記事

青春の丘

青春の丘の「地球屋」正面

「青春の丘」は、ジブリパークの入り口にあたり来園者を迎え導くジブリパークの象徴です。『耳をすませば』より「地球屋」を再現。また、『猫の恩返し』から「猫の事務所」を猫サイズの木造平屋建てで再現し、家具や小物をミニチュアサイズで制作しています。

エレベーター棟は、『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』などに出てくる19世紀末の空想科学的要素を取り入れたデザインです。

ジブリの大倉庫

ジブリの大倉庫の「中央階段」

「ジブリの大倉庫」は、ジブリ作品等の保管・保存を行い、展示と遊びと憩の空間です。屋内の街であるかのような演出をしており、三鷹の森ジブリ美術館の約3倍の広さを誇ります。

『借りぐらしのアリエッティ』、『天空の城ラピュタ』、『千と千尋の神隠し』などの展示が広がります。

広告

どんどこ森

どんどこ森の「サツキとメイの家」

「どんどこ森」は愛知万博の際に作られた『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」を中心に、昭和の田園景観をイメージし自然を残したエリア。「サツキとメイの家」の裏山に「どんどこ堂」と呼ばれる木製遊具が新たに誕生します。

チケット販売告知映像を公開

チケット販売告知映像も公開されました。

11月入場分のチケット抽選販売は、8月10日(水)10:00〜22日(月)23:59の期間、行われます。その後、9月10日(土)14:00から、11月入場分のチケット先着販売を実施します。

チケットは、3エリアそれぞれ別料金。「青春の丘」と「どんどこ森」は各大人1,000円。「ジブリの大倉庫」は平日大人2,000円、土日休日大人2,500円です。

© 2022 Studio Ghibli © Studio Ghibli
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事