パルケエスパーニャ、フラメンコショー「クラシコス」11/30で終演

2021年10月30日 あとなび

志摩スペイン村パルケエスパーニャで公演中のフラメンコショー「クラシコス」が、2021年11月30日(火)で終了します。

2シーズンで終了

「クラシコス」は、2020年2月8日にスタートしたフラメンコショー。

古典(クラシック)の名を冠したショーでは、演出家ホセ・バリオスが、スペイン舞踊や詩、そして映画「雨に唄えば」など、「古典」作品を現代風にアレンジ。現代フラメンコの感性が、本場スペイン人ダンサーのステージから伝わってきます。

スタート直後にパークが休園したこともあり、2年弱の公演期間のうち公演回数はもっと少なくなってしまいましたが、2021年11月30日(火)で終了となります。

2022年春からは、新たなフラメンコショーのスタートが予定されています。

無料で「クラシコス」を振り返る

新ショーのスタートまで、「クラシコス」を映像で楽しめる「クラシコス・ザ・フィルム」を上演します。巨大スクリーンが備わった本格映像館「カンブロン劇場」にて上映される「クラシコス・ザ・フィルム」は、1日3回、無料で鑑賞できます。

クラシコス・ザ・フィルム
上映期間:2021年12月1日(水)~2022年1月10日(月・祝)
上映場所:カンブロン劇場
上映時間:約25分
上映回数:1日3回

写真展「クラシコス・フォトメモーリア」

「クラシコス」を振り返る写真展「クラシコス・フォトメモーリア」を開催します。志摩市在住の写真家 泊正徳さんが撮影した写真の中から選りすぐりの作品を展示します。

泊さんは長年、志摩スペイン村のフラメンコショーの一瞬一瞬をとらえた高い表現力の写真を多数撮影してきました。ダンサーたちの激しい足さばきや手指の柔らかな動き、豊かな表情など写真ならではのフラメンコの魅力を感じられる写真展です。

クラシコス・フォトメモーリア
展示期間:2021年12月1日(水)~2022年1月10日(月・祝)
展示場所:カンブロン劇場
展示点数:約20点

他ショーは12月から冬季休止

ドンキホーテのアミーゴ DE バラエティー

パレード「エスパーニャカーニバル “アデランテ”」、キャラクターミュージカル「パティオ デル カント~ダルシネアの秘密の花園~」が2021年12月1日(水)から春まで休止します。

シベレス広場では、「バイレ・デル・カピタン〜ダンスフェスタの主役はキミだ!〜」が休止し、「ドンキホーテのアミーゴ DE バラエティー」が公演されます。12月25 日(土)までは、キャラクターがクリスマス衣装で登場します。

1/11〜2/10冬季休園

パルケエスパーニャ、ホテル志摩スペイン村、ひまわりの湯、シーズン イン アミーゴスは、2022年1月11日(火)~2月10日(木) の期間、休園・休館します。

2022年シーズンは、2月11日(金・祝)より営業予定です。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。