鴨シーにベルーガの赤ちゃん誕生

2021年9月7日 あとなび

「ニーナ」と赤ちゃん

鴨川シーワールドに、2頭のベルーガの赤ちゃんが2021年7月22日と7月28日、誕生しました。

鴨シー初の出産

「ニーナ」と赤ちゃん

日本国内でのベルーガの繁殖例は少なく、今回の出産は11例目と12例目にあたり、鴨川シーワールドでは初めての事例です。

7月22日20時57分に「ニーナ」の仔が、7月28日3時45分に「ビーツ」の仔が生まれました。

ベルーガを含む鯨類の出産では、通常赤ちゃんの尾ビレが出現し、数時間かけて誕生の時を迎えるため、一般的に尾ビレからの出産が正常で、頭からの出産は逆子と言われます。

これは、呼吸孔のある頭が最後に水中に出ることで、赤ちゃんにとって非常に重要な、誕生後初めての呼吸を確実にするためであると考えられています。

今回1頭目の「ニーナ」の仔は尾ビレから生まれましたが、2頭目の「ビーツ」の仔は逆子で、頭部からの出産となりました。

どちらも飼育員に見守られる中、生まれて初めての呼吸をし、母仔共に元気に泳ぐ姿が確認されました。

1頭目は一般公開

鴨川シーワールドで誕生した2頭のベルーガの赤ちゃんのうち、先に生まれた「ニーナ」の赤ちゃんを9月3日(金)よりロッキーワールド内「イルカの海」で公開します。

動物の体調を最優先とするため、状況により観覧規制を行う場合がありますのでご了承ください。

なお、「ビーツ」の赤ちゃんは現在人工哺乳を実施しているため、公開の予定は立っていません。

ベルーガ赤ちゃんの詳細

1頭目

誕生日:2021年7月22日
出生個体:性別 メス 体長127cm、体重 41.5kg(7月24日計測)
母獣:「ニーナ」 推定年齢15歳 体長350cm 体重582kg
父獣:今後遺伝子検査にて調査予定
出産経過:7月22日16:38破水、19:00尾ビレ出現、20:57誕生、7月23日5:46初授乳

2頭目

誕生日:2021年7月28日
出生個体:性別 メス 体長134cm、体重 49kg(7月30日計測)
母獣:「ビーツ」 推定年齢13歳 体長388cm 体重889kg
父獣:今後遺伝子検査にて調査予定
出産経過:7月27日18:25破水、7月28日2:40頭部出現、3:45誕生、10:08初授乳

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-,