川崎駅前水族館の名称が「カワスイ 川崎水族館」に決定 7月開業

2020年4月21日 あとなび

カワスイ 川崎水族館

川崎駅前商業施設「川崎ルフロン」の9-10階にて2020年7月に開業予定の水族館の名称が、「カワスイ 川崎水族館」に決定しました。

川崎市初の水族館

カワスイ 川崎水族館 ロゴ

「カワスイ」は、川崎市に初めて誕生する水族館。

「世界の美しい水辺」をテーマに、川崎市を流れる多摩川からアジア、アフリカ、南米アマゾンの熱帯雨林まで、世界の様々な環境に暮らす生きものを最新の照明・音響・映像技術を駆使して展示します。

世界の水辺を散歩しながら楽しむことができる、新感覚のネイチャーエンターテインメント水族館です。

6つのゾーンで構成

カワスイでの小さな冒険は、10階のプロローグからはじまります。

「多摩川ゾーン」、「オセアニア・アジアゾーン」、「アフリカゾーン」、9階の「南アメリカゾーン」、「パノラマスクリーンゾ—ン」、「アマゾンゾーン」と6つのゾーンを巡りながら、五感を刺激する“生きものとの出会い”を体感できます。

館内には、2つのカフェ、レストラン、売店が併設されます。

水族館ショップの概念を覆す

カワスイ 川崎水族館 カワスイ オフィシャルショップ

「地球と生きる」をコンセプトに展開する「カワスイ オフィシャルショップ」が登場します。

お土産としての「スーベニア」機能に加え、水族館のエンディングストーリーとしての「ミュージアム」要素を兼ね備えた、今までの水族館にはない新しいショップです。

「スーベニア」としては、ユニークなオリジナル商品のほか、数百社を超える国内外メーカーや個人の作品から厳選された商品が並びます。

「ミュージアム」としては、地球の神秘を感じるフシギで美しい標本などを展示・販売します。

目的地としてまた来店したくなるような、唯一無二のショップとなります。

こだわりのカフェ・レストラン

カワスイ 川崎水族館 ビュッフェレストラン「AOW (エーオーダブリュー)」

館内には、レストランと2つのカフェ、売店が登場。

食事を目的に水族館を訪れたくなるカフェ・レストランを目指します。

ビュッフェレストラン「AOW (エーオーダブリュー)」では、川崎ルフロン最上階の眺望を楽しめます。

店名「AOW=All Over the World」のとおり、カワスイに集まる生きものたちの故郷で愛される世界各国の料理を、サステイナビリティを追求した食材を使用して提供します。

水族館に入館しなくても入店できるレストランです。

カフェは、10階エントランスの「CAFE CRAM(カフェ クラム) 」と、9階にもう1店舗。

「CAFE CRAM(カフェ クラム) 」は、水族館エントランスに併設しています。

カワスイでしか味わうことのできないオリジナルソフトクリームをはじめ、川崎のクラフトビールやポップコーンなどのスナックを提供します。

9階のカフェは、森をコンセプトにした緑いっぱいの温かい雰囲気。

バリスタが淹れる本格的なカフェメニューや、彩り豊かでキュートなオリジナルスイーツを提供します。

靴を脱いで寛ぐことのできる個室(2部屋)は、繋げて大人数でも利用できます。

こちらのカフェの名称は5月6日までカワスイ公式Twitterにて名称募集中です。

 

カワスイ 川崎水族館
開業:2020年7月(予定)
所在地:神奈川県川崎市川崎区日進町1-11「川崎ルフロン」9-10階
営業時間:10:00-22:00/最終入館は21:00(予定)

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-未分類