東武動物公園の“経費”を特集 「BACKSTAGE」4/5夜23:10放送

2020年4月5日 あとなび

TBS系「BACKSTAGE」2020年4月5日(日)23:10〜の放送は東武動物公園が紹介されます。

年間4,000万円 動物園の経費を公開

東武動物公園が運営にかかる「経費」を公開。

経理担当者が見せるのは「メキシコ産馬肉フォア冷凍600kg/36万8,280円」の請求書。

こちらの馬肉を食べているのは、全世界でおよそ250頭、国内で30頭ほどしかいない希少種のホワイトタイガー。

そして、ライオン、ヒョウなどの肉食動物たち。

全120種類1200頭の動物たちが飼育されている東武動物公園のエサ代は、年間4000万円かかると言います。

さらに、シロテテナガザル、マンドリルなどが食べるリンゴは年間218万円。

週2回仕入れる新鮮なリンゴをそれぞれの動物に合わせて切り分ける手捌きとスピード、エサの与え方にも動物の生態を知り尽くしている飼育係ならではの工夫がクローズアップされます。

そのほか、年間ダンプ12台分の「真砂土」を購入する理由、あらゆるものをすぐに修理する飼育係の卓越したテクニックなど、知られざる裏側を大公開します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-