WDWリバティーベル号がシンデレラ城との貴重な2ショット 大冒険を経てアメリカ河に帰還

2021年2月11日 あとなび

ウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダム「リバティースクエア・リバーボート」がメンテナンスを経てアメリカ河に帰ってきました。

メンテナンス場所はパークの対岸。

湖を経由した、リバティーベル号の大冒険です。

シンデレラ城との貴重なツーショット

マジックキングダムのフロンティアランドとリバティースクエアを臨むアメリカ河で50年に渡り人々を乗せてきたリバティーベル号。

2020年10月から、アメリカ河の河底にあるリバティーベル号のガイドトラックを交換するため、乾ドックに約4ヶ月間滞在していました。

リバティーベル号の乾ドックがあるのは、ニューファンタジーランドのさらに奥、地図でいうと右上。

アメリカ河から水路を通ってセブンシーズラグーンへ出て、マジックキングダムのメインエントランス前やディズニー・コンテンポラリー・リゾートを通ってベイレイクへ出て、さらに北上して乾ドックへ向かいます。

今回公開されたのは、その帰りの様子。

ディズニー・コンテンポラリー・リゾートとリバティーベル号のツーショット、そしてシンデレラ城を正面にしたリバティーベル号のツーショットという貴重な写真が撮られました。

©︎Disney
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。