TDR閉園時間をさらに繰り上げ19時までに ベイマックスプログラムは再延期

2021年1月9日 あとなび

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーは、2021年1月12日(火)から2月7日(日)まで、 閉園時間を午後7時に繰り上げると発表しました。

緊急事態宣言の発令を受け、各テーマパーク・遊園地では時短営業の動きが広がっています。

1都3県以外でも、長崎県のハウステンボスも時短営業を発表しています。

入園者数を制限

1月6日(水)に閉園時間を午後8時までに繰り上げることを発表していましたが、さらに1時間繰り上げることになりました。

また、入園者数を制限するため、1月12日(火)以降の新規パークチケットの販売については、所定の販売数の上限に達した場合は販売を停止します。

一部報道では各パーク5,000人を上限にすると報じられており、2020年7月の運営再開時(2パーク合計15,000人)よりも少ない入園者数になります。

ベイマックス再延期

2021年1月13日(水)からスタート予定だった「ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス」は開催時期が延期されます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。