ハウステンボス「歌劇大劇場」オープン、「ホライゾンアドベンチャー」リニューアル

2023年1月6日 あとなび

ハウステンボスは、開業30周年のフィナーレとして、「ハウステンボス歌劇大劇場」のオープンと「ホライゾンアドベンチャー」のリニューアルを、2023年3月17日(金)に行います。

「ハウステンボス歌劇大劇場」オープン

ハウステンボスは、2013年に歌劇 ザ・レビュー ハウステンボスを結成し、以来常設劇場「MUSE HALL」(ミューズホール)にて、好評につき連日満席の状態で公演を行ってきました。

客席数を増やすため、新たに「ハウステンボス歌劇大劇場」がオープンします。

新劇場は、JRAウインズ佐世保内に登場。これまでの4倍近い約1,000席の座席数を備え、歌劇ならではの舞台も登場し、情熱溢れる感動のエンターテインメントを楽しめます。

関連記事

「ハウステンボス歌劇団」へ名称変更

「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」は、3月17日(金)より、発足時の名称「ハウステンボス歌劇団」へと改称します。

初日は、歌劇 ザ・レビュー ハウステンボスによる杮落とし公演を開催します。

「ホライゾンアドベンチャー」リニューアル

「ホライゾンアドベンチャー」は開園当初からあるアトラクション。

ハウステンボスのモデルとなっているオランダを舞台に、大量の水を使用し、水の大切さを伝えるアトラクションです。30年間の累計体験者数が2,000万人を突破しています。

この歴史ある施設が、30周年フィナーレを飾る1つとして大規模なリニューアル実施。施設最大の魅力である本物の水800トンを使用した大迫力の演出に加え、音響設備や照明設備も一新し、よりリアルでワクワクとするものに進化します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事