ユニバーサル・オーランド「ハロウィーン・ホラーナイト31」17のホラーコンテンツで開幕

2022年9月3日 あとなび

ユニバーサル・オーランド・リゾートは、「ハロウィーン・ホラー・ナイト2022」を、2022年9月2日〜10月31日の特定日の夜、開催します。

31年目のホラーナイト

ユニバーサル・オーランドの「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は、1991年から開催され今年で31回目を迎えます。

今年は、狼男、ドラキュラ、ミイラというユニバーサル・ピクチャーズの伝説的なホラーアイコンが集結する新たなお化け屋敷「ユニバーサル・モンスター:レジェンド・コライド」が登場。

31年の歴史を誇る本格的なホラーメイズは日本にも初めて輸出され、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて「ユニバーサル・モンスターズ ~レジェンド・オブ・フィアー~」として開催も決定しています。

関連記事

10個のお化け屋敷

ザ・ウィークエンド:アフター・アワーズ・ナイトメア

ザ・ウィークエンドによる2020年の大ヒットアルバム「アフター・アワーズ」の音楽とショートフィルムにインスピレーションを受けたお化け屋敷。グロテスクなキャラクターと音楽の世界観で恐怖に包みます。

広告

ハロウィン

1978年の映画『ハロウィン』から続くシリーズをテーマにしたお化け屋敷。マイケル・マイヤーズと対面し、彼の荒廃した家やゾッとする体験ができます。

ユニバーサル・モンスター:レジェンド・コライド

数々のホラーを生み出してきたユニバーサル・ピクチャーズの名作から、ホラーアイコンが復活。ユニバーサル・モンスターズの過去のアトラクションからインスパイアされたお化け屋敷。

19世紀を舞台に、ドラキュラ、狼男、ミイラがラーの魔除けを探しています。狼男は、この古代の遺物で呪いを解けると考えています。一方、ドラキュラとミイラはこれを使って人類を征服しようと計画しています。満月が昇る中、ゲストは三つ巴の攻防に巻き込まれていきます。

広告

ホラー・オブ・ブラムハウス

ブラムハウス・プロダクションズによる2つの映画、2020年の『ザ・スイッチ』と2022年の『ブラック・フォン』のホラーの世界に閉じ込められます。

オリジナルの6つのお化け屋敷

ユニバーサル・オーランドのエンターテインメント・チームによるオリジナルのお化け屋敷は「スピリット・オブ・ザ・コブン」「バグス:イーテン・アライブ」「フィエスタ・デ・チュパカブラ」「ヘルブラック・ホラー」「デッドマンズ・ピア:ウィンターズ・ウェイク」「ディセンダンツ・オブ・ディストラクション」の6つ。ゲストは異なる恐怖の世界から脱出に挑みます。

広告

5つの恐怖ゾーン

パーク内の5つのスケアゾーンでは、霧の中に潜む「スケアクター」たちがゲストを食い物にします。

パンプキン卿に立ち向かう「ホラーズ・オブ・ハロウィーン」、案山子(スケアクロウ)が魂を奪おうとしてくる「スケアクロウ:ザ・リーピング」、1950年代で血に飢えたお菓子屋さんから命懸けで逃げる「スウィート・リベンジ」、不気味な墓地の中で勇気を振り絞る「グレイブヤード:デッドリー・アンレスト」、邪悪な魔法使いが怪物の軍団を連れてくる「コンジュール・ザ・ダーク」。

2つのライブショー

2つの新しいショーでは、恐怖から逃れ、束の間の休息をとることができます。

広告

グーリッシュ!ハロウィーン・テイル

死神による不気味な音楽がユニバーサル・スタジオのラグーンに響きます。

ハロウィン・ナイトメア・フューエル ワイルドファイア

2021年に人気だったショー「ハロウィン・ナイトメア・フューエル」の続編。心躍るメタル、ロック、エレクトロニカのサウンドトラックにのせて、新たなドリーマーが登場します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-