ネスタリゾート神戸、刀とサムティが経営権を取得

2022年7月5日 あとなび

ネスタリゾート神戸の経営権を、サムティ株式会社と株式会社刀が取得。2022年7月より経営権を引き継ぎました。

オープン6年で経営引き継ぎ

ネスタリゾート神戸は、年金保養施設「グリーンピア三木」が経営破綻した後、株式会社延田エンタープライズが引き継ぎ2016年にオープン。延田エンタープライズ子会社の株式会社NESTA RESORTが運営してきました。

刀社は、2018年よりネスタリゾート神戸のマーケティング支援を開始。4年間の支援を経て、、サムティと刀社の2社が経営を引き継ぐこと人らいました。

関連記事

サムティと刀社の展望

サムティと刀社は、取得の理由として「持続可能な事業を創り、地域を活性化するという地方創生の実現に向けて、ネスタリゾート神戸をさらに発展させ、地域経済に貢献できる事業にしていくため」と発表。

「ネスタリゾート神戸の「大自然の冒険テーマパーク」のブランディングを強化し、関西レジャーにおける消費者の彩りある選択肢としての地位確立を図り、本取り組みが日本全国に存在する類似の地方創生課題を解決する1つのモデルケースとなるよう、様々な投資及び運営の改善を行ってまいります」としています。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事