すみだ水族館、マゼランペンギンの赤ちゃん「だいふく」誕生

2022年5月1日 あとなび

すみだ水族館は、に、マゼランペンギンの赤ちゃん「だいふく」が、2022年4月14日(木)、誕生しました。

10年連続で赤ちゃんが誕生

だいふく(3日齢)

すみだ水族館では、2012年5月の開業から10年連続で赤ちゃんが誕生。今年初となる赤ちゃんは、3月3日(木)に「イチゴ(メス)」が産卵、産卵から 41日目の4月12日(火)に嘴打ち(はしうち)が確認され、4月14日(木)に無事に孵化しました。現在は、バックヤードで飼育スタッフが健康管理をしながら、体重測定もじっとしていられないほど、元気に成長しています。

両親の「はなび」と「イチゴ」は、どちらも積極的に子育てに励んでおり、飼育スタッフは「だいふく」の成長だけでなく「はなび」のたくましい父親ぶりにも喜びを感じています。 今後、バックヤードを中心に生活し、6月下旬以降にほかのペンギンが過ごすプールにデビューする予定です。

関連記事

水族館10周年で初の2世ペンギン

赤ちゃんの名前は、今年10周年を迎えるすみだ水族館に大きな喜び“ビッグハッピー” を運んでくれたことから「だいふく」と命名。

父親は2013年にすみだ水族館で生まれた「はなび(オス)」。すみだ水族館10年の歴史で、初の2世ペンギンの誕生となりました。 

だいふく
両親:はなび(オス)、イチゴ(メス)
産卵日:3月3日(木)
孵化日:4月14日(木)
現在の体重:593グラム(4月26日時点)
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-, ,