USJホテル ユニバーサル ポート、謎解きホラールーム「Chronus 運命の牢獄」1日1室限定で提供

2022年2月16日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン オフィシャルホテル「ホテル ユニバーサル ポート」では、1日1室限定の謎解きホラールーム「Chronus 運命の牢獄」を、2022年3月4日(金)~7月31日(日)の期間、提供します。

謎解きホラールーム第8弾

2015年にスタートした、ホテルの客室で謎解きと恐怖を味わえる「謎解きホラールーム」シリーズの第8弾。シスターホテルの「ホテル ユニバーサル ポート ヴィータ」で実施中の第7弾「THE BLOOD FLOOD血塗られた絵画(メッセージ)」は、予約受け付け開始後、約10分で完売しました。

今回の客室設定は、廃墟と化した不気味な牢獄跡。宿泊者は物語の主人公“時計技師”になりきり、牢獄跡にある“不思議な魔力をもつ古時計”にまつわる謎を時計技師ならではの技法を用い、解明していきます。

関連記事

客室で楽しむ廃墟ミステリー

通常のデラックスルーム(40㎡)が、期間限定で謎解きホラールーム仕様に変わります。客室は牢獄を感じさせる鎖や柵、血が付いたようなカーテンなどで装飾し、まるでこの場所で凄惨な出来事があったかのような、恐怖とスリルのある不気味な空間を演出します。

牢獄跡の壁面や物品などには、囚人が命がけで残したであろうメッセージが隠されており、牢獄の数少ない手がかりをもとに、“不思議な魔力をもつ古時計”が生み出した謎を解き明かさなければなりません。ミステリアスなストーリーを紐解きながら、時計技師だから知り得る技法で時の経過を調べ、真相を掴みます。自身のスマートフォンやタブレットを使ってストーリーを進め、謎を解読していきます。また、翌朝の起床後にもストーリーのエピローグが続くなど、謎解きとホラーを満喫できる宿泊となります。

ストーリー

ある老人から古い時計の修理の依頼を受け、指定場所に赴いた時計技師。しかしそこは、廃墟と化した不気味な牢獄跡だった。人々を翻弄する“不思議な魔力をもつ古時計”に突如心を奪われ、隠されたミステリーに出会う。時空間のひずみに起きた深い悲しみの谷から戻りたい…。怪奇な謎を解き明かし真犯人を暴くことができるのだろうか。

Chronus 運命の牢獄
宿泊期間:2022年3月4日(金)~2022年7月31日(日)(予定)
予約開始:
<Ⅰ期>対象宿泊期間2022年3月4日(金)~3月31日(木)
2022年2月17日(木)午前11時より受付開始
<Ⅱ期>対象宿泊期間2022年4月1日(金)~30日(土)
2022年3月17日(木)午前11時より受付開始
※Ⅲ期以降も4月、5月、6月の第3木曜日より翌月の宿泊予約を受け付けます
料金:4名1室利用 1名あたり(素泊まり)8,500円~(1日1室限定)
※消費税・サービス料込み、宿泊税別
※1~4名さまでご利用が可能です。
※料金は一例です。料金は宿泊日により異なります。
※スマートフォンをご持参ください。
※客室にはホラー要素が含まれるため、ホラーが苦手な方はご遠慮ください。
※未就学児はご利用できません。小学生以上のお子さまのご利用は保護者さまのご判断でご利用ください。
※対象宿泊期間および予約開始日などは変更になる場合があります。

 

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事