フィグメントのポップコーンバケツは6時間待ち「EPCOTインターナショナル・フェスティバル・オブ・アート」2022開幕

2022年1月16日 あとなび

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのEPCOTでは、「EPCOTインターナショナル・フェスティバル・オブ・アート」を、2022年1月14日〜2月21日の39日間、開催しています。

ブロードウェイコンサートや世界のフードを食べ歩き

絵画、舞台、料理をテーマに、数多くのアートに触れる、冬の恒例イベント。

ブロードウェイのスターたちによるコンサートや、世界各国の料理や飲み物が楽しめる15のフードスタジオが登場。新メニューは、デコ・デライト(ドゥルセ・チョコレート・ムース)とザ・クラフツマンズ・コートヤード(PEIムール貝の鋳鉄ロースト)です。

関連記事

ワールドショーケースをアートが彩る

100人以上のディズニーアーティストの作品がパークのあちこちに登場。地面ではチョークアートが描かれ、アーティストがお気に入りのディズニーキャラクターを数分で描き上げるパフォーマンスも披露されます。

ウォルト・ディズニー・ワールド50周年を記念したアートも登場。イマジニアがリゾートのアトラクションを描きます。

ワールドショーケースでは、世界各地をイメージしたアートの中にゲストが入って写真を撮れます。

スペースシップ・アース「レインボーコネクション」ライトアップ

EPCOTのシンボル、スペースシップ・アースは、ウォルト・ディズニー・ワールド50周年を記念して新たなライトアップ「ビーコン・オブ・マジック」が行われています。「EPCOTインターナショナル・フェスティバル・オブ・アート」期間は、新たなライティングが加わります。

虹色に輝くスペースシップ・アースは、マペットの名曲「レインボー・コネクション」とのハーモニーを奏でます。

広告

グッズにはフィグメントが登場

スペシャルグッズには、フィグメントが登場。アパレルやアクセサリー、マジックバンドなどが販売されています。

中でも、フィグメントを模したポップコーンバケツは、発売初日に6時間待ちを記録したほどの人気です。

©Disney
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-