WDW50周年トピアリーも EPCOTインターナショナル・フラワー&ガーデン・フェスティバル2022開催決定

2021年12月15日 あとなび

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのEPCOTでは、EPCOTインターナショナル・フラワー&ガーデン・フェスティバルを、2022年3月2日〜7月4日の125日間、開催します。

50周年ケーキのトピアリーが登場

ディズニーキャラクターのトピアリーや、美しい花々、各国の料理が楽しめる春の恒例イベント「EPCOTインターナショナル・フラワー&ガーデン・フェスティバル」。2021年は規模を縮小して開催していましたが、2022年は2年ぶりに本格開催されます。

今回はウォルト・ディズニー・ワールド50周年イベント期間中の開催ということで、新しいメインエントランスのトピアリーには、グーフィーと50周年をテーマにしたバースデーケーキが飾られます。

他にも、ドイツ館では白雪姫と七人のこびと、フランス館ではルミエールとコグスワースなど、パビリオンにあったディズニーキャラクターのトピアリーが登場します。

関連記事

コンサートも復活

ガーデンロック・コンサートも2年ぶりに復活。アメリカ・ガーデンズ・シアターでミュージシャンによる演奏が楽しめます。

他にも、パークには18のアウトドア・キッチンが登場し、各国の春らしいメニューを食べられます。また、春らしいスペシャルグッズも発売。

EPCOTの春の風物詩が50周年を彩ります。

©Disney ※写真は過去のイベント時のもの
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-