テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

「チームラボボーダレス」麻布台ヒルズにオープン 世界との境界をなくす新作アート群

2024年2月12日 あとなび

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスが、麻布台ヒルズに、2024年2月9日(金)オープンしました。

麻布台ヒルズ地下に広がる新たなチームラボ

お台場のチームラボボーダレスが閉館してから約1年半、麻布台ヒルズに場所を移し、新たにオープンしました。麻布台ヒルズ、地下鉄神谷町駅から直結した都心の地下空間に広がる、地図のないミュージアムです。

受付で出迎えるのは、廊下の天井に書かれた「teamLab☆Borderless」の文字。ある位置から写真に撮ったときにだけ文字が飛び出て見える、不思議な看板です。

現実の物体と人間が認識する物体がイコールではない、現実と認知の境界を取り払っていくチームラボボーダレスを入り口から体現しています。

関連記事

姿を変え続けるアート空間

受付からさらに地下へと降っていくと、チームラボボーダレスを代表する大空間が広がり、「人々のための岩に憑依する滝」が現れます。自らがアートの中に入り込み、岩に登ることもできる空間。そこを流れる滝は人を認識して流れを変えていきます。

さらに花が咲いていったり、文字が降ってきたり、カラスが飛んできたり、作品がシームレスに移り変わっていきます。現れるカラスや蝶は、部屋から出て移動し、他の作品に入り込んでいきます。

独立した50以上の作品群が関係し合い、それぞれが互いの作品と人々の存在によって影響を受け変化していくボーダレスな作品群。「境界なく連続する1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」空間です。

広告

Black Waves

作品の間を移動していく波。大きな波は新作「Black Waves」の元へと押し寄せます。

暗い空間の中には、壁からキューブ上のディスプレイ「メガレス」がせり出しています。そこにはリアルタイムに生成された無数の花々が咲いていき、二度と同じ空間が生まれないその一瞬限りの花の世界に埋め尽くされます。

一面の花の中に、ブラックウェーブが到来。花は波によって消えていきます。漆黒の空間と、赤い花々の空間、水の青さと、変化していく世界では、誕生と死滅が繰り返されていきます。

Bubble Universe

新作「Bubble Universe」では、鏡張りの部屋の中に、無数の球体が吊り下げられています。それぞれの球体には異なる光が入っており、「実体光」「光のシャボン玉」「ぷるんぷるんの光」「環境が生む光」の4つの光が存在しています。光は人間の近くから、空間上で一筆書きのように移ろっていきます。

実際の光源や、それをミラー状態で受けて反射した光、そして認識上に存在するビー玉のように光るものまであり、実際の光と認識上にのみ存在する光が共存しているのです。

存在と認識とは連続した空間に存在し、自分が光をどう認識していたのか、ミラー空間の中で自分の反射も見える中、自分の認知を揺るがされていきます。

広告

Microcosmoses

ぷるんぷるんの光が、今度は自走して空間内を走り回ります。新作「マイクロコスモス」では、レールの上を無数の光が走り回っていき、認識上の光を構成していきます。

光は43色あり、それぞれが人や互いの関係によって色や移動のスピードを変えていきます。BGMは64秒で構成されており、光の点滅は球体によって4,6,8,12秒と固有値を持っています。64秒に一度、BGMと全球体の固有値が重なり、全てが失われる瞬間が訪れます。

Light Sculpture – Flow

新作「ライトスカルプチャー- Flow」シリーズは、一つのシステムを用いて20作品を連続上演する作品群です。

上下左右に無数のムービングライトが設置されており、空間の奥には鏡が置かれています。スモークが焚かれた空間にライトが当てられると、光の線が巨大な彫刻を生み出します。しかし、「非対称宇宙」と呼ぶ空間では、奥のミラーに映る光の彫刻は、手前の現実世界に見える光の彫刻とは異なる形を持っています。

 

光は線のようにまっすぐ進みますが、スモークの焚かれた空間をムービングライトが動いていることで、光が自在な形を作り出し、巨大な彫刻を生み出します。

ムービングライトが置かれた空間にはガラス張りの部分があり、人が立つことができます。自らが立っている場所まで押し寄せる巨大な彫刻は、実体があるようなリアリティを持ちながら光なので体に触れることなく通り過ぎていきます。

巨大な彫刻に包まれて、彫刻と光と自分の境界をも曖昧にしていきます。

アート同士の境界、現実と虚像の境界、自分とアートとの境界をボーダレスにしていく、都心の地下で世界と自分との境界を溶けていかせる空間が生まれました。

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソンチームラボボーダレス
場所:麻布台ヒルズガーデンプラザB B1(東京都港区麻布台1-2-4)
開館日:2024年2月9日(金)- 常設
開館時間:10:00〜21:00
※最終入館は閉館の1時間前
※開館時間が変更になる場合がございます。公式ウェブサイトをご確認ください。
休館日:第一・第三火曜日
※休館日が変更になる場合がございます。公式ウェブサイトをご確認ください。
チケット価格
大人(18歳以上):3,800円〜
中学生・高校生(13 – 17歳):2,800円
子ども(4 – 12歳):1,500円
3歳以下:無料
障がい者割引:1,900円〜
※事前日時指定予約制です。
※大人と障がい者割引につきましては変動価格制を導入し、日によって金額が異なります。日別の価格をご確認の上、日時指定チケットをお買い求めください。
※現地での購入の場合、上記価格に+200円となります。
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

チームラボボーダレス2022年8月末で閉館、2023年に東京都心部で新たに開館予定

ハリーがホグワーツで学んだ教室を体感 スタジオツアー東京「ホグワーツレッスン」

テーマパーク“ではない”ジブリパークらしさを楽しむ「南街」

最新記事

ミュージカル「カム フロム アウェイ」稽古場を公開

2024/02/24

ピューロランドにテロ予告 2/24を臨時休館

2024/02/24

グランドニッコー舞浜「ストロベリースイーツプレート&パフェセット」

2024/02/24

リサガスタウン 10周年フィナーレ「花×紡ぐ」テーマの華やかな街に

2024/02/23

ピューロランドに更衣室「DRESSING ROOM」がオープン

2024/02/23