テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

関東最大級「深海生物まつり」八景島シーパラダイスで開催

2024年2月29日 あとなび

横浜・八景島シーパラダイスは、深海生物まつりを、2024年1月4日(木)~2月29日(木)の期間、開催しています。

関東最大級50種500点以上の深海生物展示

深海生物とは、水深200m以深に生息する生物のことを指します。海水温が下がる冬の時期は深海生物たちが、水深200~300mの比較的浅い海域へとやってくるため、漁師の深海底引網漁や刺網漁といった漁法で捕獲される機会が増え、水族館に希少な深海生物が集まってきます。

シーパラでは漁師の協力を得て、深海にくらすサメやタカアシガニ、大小さまざまな深海の生きものたちなど、関東の水族館では最大級となる50種500点以上の深海生物を展示します。毎週新たな深海生物が捕獲されるため、ミツクリザメやラブカ、メンダコなどの希少な生物の生きた姿を見ることができるかも。

関連記事

深海生物タッチ

深海底引き網や刺し網で漁獲された大量の深海生物にさわることができるイベントを開催します。ミツクリザメやラブカ、メンダコなど、大小さまざまな深海生物が登場。冷凍標本とは異なり解凍された標本になるため、深海生物の表面の触感だけでなく、匂いや骨格などもリアルに感じることができます。

生きているヌタウナギ、オオグソクムシなどの深海生物を、実際に触ることもできます。

また、深海生物であるミツクリザメやラブカなどの冷凍標本を展示。生体展示が難しかったため標本になったこれらの深海ザメですが、標本として見ることも大変珍しく、実際にさわることでその魅力を堪能できます。

広告

深海生物食イベント

ヌタウナギ焼き

深海生物であるタカアシガニやオオグソクムシ、ヌタウナギなどを実際に食べることができます。見た目からは想像がつかない食感のオオグソクムシ、ヌタウナギは生きた姿をそのままいただきます。

オオグソクムシは、うみファームにて自身で選んで食べられます。アンコウのからあげなども販売いたします。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-

関連記事

けものフレンズに「シーラカンス」「メンダコ」登場 シーラカンス・ミュージアムとコラボ

銀座ロフト「旅する水族館 2023」全国8つの水族館オリジナルグッズが集合

うみがたり、深海イベント「日本海の深海」開催

最新記事

舞浜ヒルトンでドットエスティ新作水着をレンタル 期間限定コラボ開催

2024/07/21

東京ディズニーリゾート2年目のドローンショー“マジック・イン・ジ・エア”スタート

2024/07/20

ツイステ寮のコース料理 ディズニーアンバサダーホテルの限定メニュー第2弾が10月から

2024/07/19

よみうりランド「中国新派料理 天安」丘の湯に移転リニューアルオープン

2024/07/18

「今際の国のアリス」初のイマーシブ・アトラクション 首輪に本当の電流が流れるデスゲームに参加

2024/07/17