USJ 生歌で楽しむクリスマスの物語「ニューヨーク・クリスマス・ウィッシュ」

2020年11月18日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、2020年11月13日(金)から12月27日(日)まで「ユニバーサル・クリスマス2020」を開催中です。

“ニューノーマル”に対応し、例年と大幅に内容を変更したクリスマスイベント。

今年ならではのプログラムの中から、シンガーによる生歌ショー2つを楽しみます。

ニューヨーク・クリスマス・ウィッシュ

「天使のくれた奇跡」「クリスタルの約束」のような大規模なショーは公演できませんが、それでもクリスマスは人々に幸せを運んでくれます。

そんな物語を描くのが、デランシー・ストリートの特設ステージで公演される初めてのショー「ニューヨーク・クリスマス・ウィッシュ」です。

バイオリンの音色とシンガーによるクリスマスソングにのせて物語が展開されていきます。

舞台はクリスマスの1週間前、ニューヨークの小さなカフェ。

クリスとカフェ店員のメアリーが出会い、親友のトシ、エディ、ジェニー、そしてバイオリニストの力もあり、小さな奇跡が起きていきます。

何曲ものクリスマスソングが歌われ、ロマンティックな物語が紡がれます。

英語のクリスマスソングを今年も本場のキャストで聞けるのはユニバーサル・スタジオ・ジャパンならでは。

ストーリーは進行役のトシが随時日本語で状況を解説してくれます。

決して壮大なショーではありませんが、クリスマスの幸せがストレートに伝わってきます。

どんなに厳しい世界でもクリスマスが幸せを届けてくれる、温かな気持ちになれる、今年ならではのショーです。

パワー・オブ・ポップ〜クリスマス・エディション〜

メルズ・ステージでは人気のシングショー「パワー・オブ・ポップ」がクリスマスバージョンになって今年も登場。

美しいハーモニーで気持ちが高まるショーを、クリスマスソングで贈ります。

「ユニバーサル・クリスマス2020」は12月27日(日)まで開催中。

Universal elements and all related indicia TM & © 2020 Universal Studios. All rights reserved.
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-