TDS「ハロー、ニューヨーク!」休止のまま公演終了

2020年10月7日 あとなび

東京ディズニーシーはドックサイドステージのショー「ハロー、ニューヨーク!」が休止のまま終了したことを発表しました。

アトモスフィアを含む7ショーが終了

東京ディズニーリゾートでは、2020年7月1日の営業再開後もエンターテインメントの休止が続いています。

「ナイトフォール・グロウ」「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」「バイシクルピアノ」は再開しましたが、他のエンターテインメントは休止中です。

また、3月に終了予定だった「ファンタズミック!」は休園中に終了したことが発表されています。

そんな中、アトモスフィアを含む7つのエンターテインメントが休止のまま終了となることが発表されました。

東京ディズニーランド
・ファン・メンテナンス
・ブレイクビート・ダンサーズ
・オーパス・ファイブ

東京ディズニーシー
・ハロー、ニューヨーク!
・ダイヤモンド・シスターズ
・ファン・カストーディアル
・ウィンド・ワンダラーズ

現時点ではレギュラーショーでは唯一「ハロー、ニューヨーク!」が終了となりました。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。