本家トゥーンタウンがリニューアル 22年3月から一時閉鎖

2021年11月17日 あとなび

ディズニーランド・パークの「ミッキーのトゥーンタウン」が2023年にリニューアルし、それに向けて2022年3月から一時クローズします。

子供がインタラクティブに楽しめるエリアに

カリフォルニア ディズニーランド・リゾートに1993年オープンしたエリア「ミッキーのトゥーンタウン」の大規模なリニューアルが決定。2023年に生まれ変わります。

2023年にオープン予定のアトラクション「ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイ」にあわせて、エリア自体が生まれ変わります。家族や小さな子供が遊べるエリアというコンセプトで、弾んだり回ったり触ったり聴いたりインタラクティブな体験ができるほか、芝生の遊び場も誕生し、リラックスして家族がくつろげる場所になります。

新たな噴水とドリーミング・ツリーが誕生

「ミッキーのトゥーンタウン」の正面は新たに「CenTOONial Park」に生まれ変わります。中心にはインタラクティブな体験の中心となる、ミッキーとミニーの噴水が登場。夜のライティングも行われます。

また、近くには「ドリーミング・ツリー」が誕生。ウォルトが幼い頃、故郷の木の下で空想にふけっていたことをインスピレーションに、子供たちが遊び探検することで夢を得られる場所となります。

2022年に一時クローズ

ミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィーたちの家はリニューアル後も残り、キャラクターも登場します。そして、2023年には「ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイ」がオープン。

既に建設工事が行われており、トゥーンタウンらしい遊び心のある建設風景が広がっていますが、エリア自体のリニューアルに伴い、2022年3月から「ミッキーのトゥーンタウン」はクローズします。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。