「ユニバーサル・クールジャパン 2022」開催決定 モンハンXR WALKついにオープン

2021年10月29日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、日本が世界に誇る人気ブランドが集結する期間限定イベント『ユニバーサル・クールジャパン 2022』を、2022年春、2年ぶりに開催することを決定しました。

「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」先行オープン

2年ぶりの開催となる『ユニバーサル・クールジャパン2022』では、その先行オープンプロダクトとして、“フリーウォーク型VRアトラクション”『XR WALK』が、3月のフルオープンに先駆け、2022年1月21日(金)からスタートします。パークに初めて登場する新しいカテゴリのアトラクション『XRWALK』が、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」とコラボレーション。『モンスターハンターワールド:アイスボーンXRWALK』として楽しめます。

「XR WALK」2年越しのオープン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン初の、フリーウォーク型VRアトラクション『XR WALK』が、新たな常設施設としてオープンします。当初2020年3月オープン予定でしたが、2年越しに2022年3月オープンが決定しました。

『XR WALK』は、エンターテイナーや実際のショーセットに加え、参加者が360度ぐるりと囲まれるVR世界で、風が吹くといった特殊効果、歩く、戦うというインタラクションを同時に全身で体感することができる、次世代型アトラクションです。

『XR WALK』の幕開けとして、「モンスターハンターワールド:アイスボーン」とコラボレーション。今後もさまざまな作品とのタッグを予定しており、あこがれの作品世界に等身大で入り込み、物語の中を生き生きと 駆け抜ける“未知のリアル空間”を体験できます。

「モンスターハンター」史上初のVRアトラクション

『モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK』は、「モンスターハンター」史上初のVRアトラクション。ゲームの世界に全身で飛び込み、息をのむほど美しい映像と、 “超リアル”な空間が完全にシンクロした仮想現実でモンスターと対峙する、究極の狩猟体験です。

自分の分身となる“アバター”や、ゲームでおなじみの大剣、太刀、ハンマー、スラッシュアックス、 ヘビィボウガンの5種から武器を選び、ハンターとして『XR WALK』の“未知のリアル空間”に冒険します。

自分の足で実際に「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の雪原を歩きまわり、アイテム(素材)や痕跡を採取し、洞窟を抜け、険しい崖を登り、雪と氷のフィールドを探索します。圧倒的臨場感の中で体験 する“ほんとうの狩り”では、見上げるほど巨大なモンスターの咆哮、巻き起こる風圧、握りしめた武器から 伝わる衝撃を全身で感じながら狩猟することができます。さらに、最大4人の仲間とボイスメッセージで会話しながら協力プレイが可能。仲間たちと共にプレイの精度をあげて高いスコアを狙うなど、「モンスターハンター」ならではの多彩な楽しみ方がゲームの世界を飛び出し、遂に現実となります。

ストーリー

新米ハンターとして前線拠点「セリエナ」にやって来たゲストは、ギルドの集会エリアにて負傷したハンターと出会う。あるモンスターに襲われてしまい仲間が危険な場所に取り残されている、と助けを求められ、先輩 ハンターと共に救出に向かうことに。雪や氷に覆われたフィールドを歩きまわり、アイテムや痕跡を採取した末、ついにイヴェルカーナと対峙することになるが…

「モンスターハンター」 シリーズ プロデューサー 辻本 良三 コメント

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン様とは、2011年から様々なコラボレーションをご一緒させていただきましたが、今回の『モンスターハンターワールド:アイスボーンXR WALK』では、「モンスターハンター」初となる VR 世界の実現に向け、映像の細部までこだわり抜き、監修させていただきました。アトラクションのテスト体験では、 本当にゲームの世界に飛び込むことができたと実感しました。特に、見どころの1つである実際にモンスターを狩猟するシーンでは、「あのイヴェルカーナに立ち向かっている!」と、全身で体感する超リアルな“狩り”に感動を覚えました。一人でも多くの方に、この VR アトラクションによって誕生した“マジ狩りワールド(本当にモンスターを狩れる世界)”を体験して、楽しんでいただければ幸いです。 

モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK
期間:2022年1月21日(金)~8月28日(日)予定
アトラクション形式:フリーウォーク型VR
場所:XRWALK(ステージ18)
© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 書・紫舟
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-