USJハロウィーン「ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル~祟られた廃村~」詳細発表

2021年9月3日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、「NO LIMIT! ハロウィーン」を、2021年9月10日(金)〜11月7日(日)に開催します。

ゲゲゲの鬼太郎が最恐Jホラー・メイズに

開業20周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパンと「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者・水木しげる氏の生誕100周年を記念し、実現したコラボレーション。

新登場となる「ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル ~祟られた廃村~」は、“世界でここだけ”のホラー体験を圧倒的なクオリティでお届けしてきたユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、これまで培ってきたアイデア、特殊技術、クリエイティビティを駆使したホラー・メイズです。

想像を絶するほどおぞましい妖怪たちに息つく間もなく襲われ続け、心も身体も極限状態へと追い込まれる、逃げ場のない恐怖が待ち構えます。

不気味な廃村へ迷い込んだゲストが、ねずみ男に誘われ、 古民家の中へ入ると、“ぬらりひょん”や“朱の盤”など約30種のおぞましい妖怪たちが、息つく間もなくゲストへ襲い掛かります。

“目玉おやじ”や“砂かけばばあ”をはじめとする味方の妖怪たちが目の前で最恐妖怪の餌食となり、絶望の淵に立たされる中、ゲストは出口が見えず、希望のない状態で前に進み続けるしかありません。

「ゲゲゲの鬼太郎」のイメージを180度覆す最恐Jホラー・メイズで、逃げ場のない極限の恐怖を体験できます。

ホラー・メイズの内部を公開

なんとも知れない薄気味悪さを感じる古民家の中には、おびただしい数のお札が所狭しと貼り付けられた廊下や、どこからともなく女性の鳴き声が響き渡る寝室、そしていまだに伸び続ける毛髪がおさめられているという壺が祀られた納骨堂など、足を踏み入れることも躊躇する、Jホラーならではの不気味さをユニバーサル・スタジオ・ ジャパンが誇る圧倒的クオリティによって再現。

数々のホラーコンテンツで培ってきた環境演出によって、これまでの鬼太郎のイメージを覆すとともに、息をするのも忘れるほどの予想外の戦慄体験をお届け。

息つく間もなく襲い掛かるおぞましい妖怪たち

ずんべら坊

目鼻も口もない妖怪で顔を探している

青女房

女官の姿をして人が来るのを待っている

塗り仏

仏壇を粗末に扱うと現れる妖怪

オリジナルフード

パークでしか出会えない「ゲゲゲの鬼太郎」のフードが、「NO LIMIT! マーケット」に新登場します。

「目玉おやじ」が茶碗風呂を楽しむ名シーンを再現した「目玉おやじのおじや」や、「鬼太郎&一反もめんチュリトス ~塩きなこ~ 」など、原作の世界観を忠実に再現したメニューです。

水木プロダクションからのメッセージ

株式会社水木プロダクション 代表取締役 原口 智裕氏

この度、水木しげる生誕 100 周年ならびにユニバーサル・スタジオ・ジャパ ン 20 周年を記念し、特別なコラボレーションが実現したことを大変嬉しく思います。『ゲゲゲの鬼太郎』がユニバーサル・スタジオ・ジャパン、そしてハロウィーン・ホラー・ナイトに初登場いたします。この世には様々な妖怪がいますが、人間への怨みを募らせた恐ろしい妖怪もいることでしょう。そんな妖怪たちがもし実際に姿を現し、私たちに迫ってくるとしたら・・・。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンさんの大変な熱意のもと、映画さながらの特殊技術を駆使して「恐怖」と「リアル」を徹底的に追求した、かつてない鬼太郎のホラー・メイズが誕生しました。いつもならばカランコロンと下駄の音を響かせて助けに来てくれる鬼太郎ですが、今回ばかりは望み薄かもしれません。どうぞ覚悟して、お楽しみください。

ゲゲゲの鬼太郎・ザ・リアル ~祟られた廃村~
開催期間:2021年9月11日(土)〜11月7日(日)
開催時間:データイムから開催(日によって異なる)
開催施設:ステージ18
アトラクション形式:ホラー・メイズ 
※体験には、アトラクション整理券(無料/パーク入場後に公式アプリから取得、あるいはパーク内発券所での取得)、または、ハロウィーン・エクスプレス・パス(有料)が必要です。
Universal Studios Japan TM & © Universal Studios. All rights reserved. © 水木プロダクション
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-