シーパラ新春イベント オタリアの書き初めやおさかな福袋を開催

2022年1月1日 あとなび

横浜・八景島シーパラダイスでは、海の動物たちが活躍する新春イベントを、2022年1月1日(土・祝)〜1月31日(月)の期間、開催します。

オタリアの書初め

ふれあいラグーンでは、アシカの仲間オタリアが得意の筆さばきを披露。新年の平穏と幸せを願い、オタリアが特製の筆を口にくわえ、トレーナーと力を合わせて豪快な文字を書きあげます。1月1日(土・祝)~10日(月・祝)の期間は2022年の干支「寅」を書きます。そして1月11日(火)からは、その場でリクエストされた漢字一字を披露します。さらに、書きあげた作品は各回1名にプレゼントします。

書初めのあとは、オタリアと書きあげた作品との記念撮影やふれあいも楽しめます。

関連記事

新春ペンギンパレード

ぺたぺたよちよちと歩く姿が可愛らしいケープペンギンたちが、お正月ならではの門松や梅で装飾されたロードをパレードします。たくさんのペンギンたちが一斉にぺたぺたと二足歩行で歩き回る可愛らしい姿は必見です。パレードの後は、ケープペンギンとの記念撮影やふれあいも楽しめます。

海の「寅」を展示

干支「寅」にちなみ、アクアミュージアムでは鮮やかな赤色の体色をもつ「トラギス」の仲間を展示します。「トラギス」は漢字で「虎鱚」と書き、体側面に並ぶ白い斑紋がトラを思わせることからこの名前がついたと言われています。

広告

おさかなマルシェ福袋

うみファームの「おさかなマルシェ」では、市場では出回らない“未利用魚”を漁師さんから直接仕入れ、新鮮な状態でおいしく食べられるよう販売しています。新年は「おさかなマルシェ福袋」と題した福袋を1日10袋限定で販売。半数の福袋にはイセエビの当たり付きです。

また、マダイやイナダなどの大きな魚を釣ることができる「大物釣り」も開催。イナダは35~60cmまでの大きさで、60cm以上をワラサ、80cm以上をブリと呼ぶ出世魚です。

お正月メニュー

島内のレストランや軽飲食店舗では、同時開催している「深海生物まつり」にちなみ、アンコウが入った深海雑煮のほか、あずきとホイップクリームがたっぷりつまったワッフルサンドを販売します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-,