ハウステンボス防疫仕様で花火大会を開催

2020年7月6日 あとなび

ハウステンボスは、毎年恒例の「夏のスペシャル大花火」と「九州一花火大会」を2020年も開催すると発表しました。

今年の花火大会は日本一の広さを誇るパークの面積を生かした防疫対策を行った上で開催されることが決定しました。

開催前は、通常より開場時間を早めに設定し時間を長くとります。

花火中は、観覧席を間隔をあけて設置し、終了後は、ブロックごとの退場誘導を行うことで、混雑を回避する対策をとります。

特に人気の高い「九州一花火大会」は、通常より高く花火を打ち上げ、メイン会場だけではなく場内どこからでも花火を楽しめるようにします。

夏のスペシャル花火
開催日:2020年8月22日(土)
開催時間:19:40〜20:30
チケット情報:7月14日(火)14:00から前売り券の販売を開始します。

九州一花火大会
開催日:2020年9月19日(土)
開催時間:19:00〜20:30
チケット情報:7月20日(月)から前売り券の販売を開始します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-